未分類

20万円以下でも所得税がかかるケースと不要なケースがある

投稿日:

月曜から金曜日は会社員として働きながら、空いた時間を利用して副業をしているという人は多いですが、副業の収入にも税金がかかることを理解しておく必要があります。
会社員の良いことろは税金も含めた給与関連の難しいことは、すべて経理が代行して行ってくれるところですが、副業に取り組むにあたり住民税や所得税に関しては知っておくことです。

会社に税金に関わることで副業をしていることが伝わるのか、毎月の稼ぎは1万円にも満たないのに税金がかかるのか、あらゆる疑問が頭に浮かんできます。
本業以外からの副収入を手に入れることができるのが副業、その種類は実に多岐にわたっているので選択肢も多いです。

働く人の所得に応じて発生をするのが所得税、税率としては一定で課せられますが、稼いだ金額から所得税を引き算してのこと、税務署に本人が支払いをするのも所得税ですがサラリーマンの場合は給与から差し引かれます。源泉徴収は勤務する会社側が行ってくれること、だからサラリーマンにとって所得税と言われても、あまりピンと来ないかもしれません。

毎月源泉徴収されるのが所得税であり、納付は次の月の10日までに行います。月々の納付は正確な金額ではなく、数字的にはとてもざっくりとした計算です。最終的には帳尻合わせをしますので、1年の終わりには年末調整がそのために行われます。

市区町村及び都道府県へと支払いをする税金が住民税であり、1月1日の時点で本人が住んでいる地へ納める税金です。それぞれの地域ではお金のかかることもたくさんあるので、その費用をみんなで分担をするといった考えで税金として皆が納めています。

最初に知っておくべきなのは副業にも税金はかかるかどうかですが、そのボーダーラインとなるのは20万円です。どのような仕事でも稼いだら所得税を支払うことになりますが、これは全ての働く人に課せられた義務でもあります。住民是は所得によりいくらかになる関わりますが、それは副業で得た収入の分も一緒に支払いをしなければなりません。

必ず副業といっても所得税がかかるわけではなく、会社から支給される給料以外の稼ぎが年間で20万円以下であるならかかることはないです。どこかの企業や個人であっても雇われているわけではなく、例えばフリーマーケットへの出品をしたり、アフィリエイトなどで得た分などは雑所得になります。

雑所得ならば年間で20万円いかなかったら、所得税はかかることはありません。反対に20万円以下でも所得税必須となるのはアルバイトやパートであり、給与所得なのでなので所得税を納める必要があります。

-未分類

Copyright© スマホで稼げる!副業入門 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.